展示・イベント Event

イベントのお知らせ

目で楽しむ南総里見八犬伝

〈開催期間〉  令和4年11月19日(土)~令和5年2月19日(日)

〈開催場所〉  館山城2階特設展示場

〈開催時間〉  9:00~16:45(最終入館16:30)

〈休館日〉   月曜日(祝日の場合は翌火曜日)12月29日~31日

〈入館料〉   大人400円 小人200円(館山城入館料込み)

〈主 催〉   里見のまちづくり実行委員会

〈後 援〉   館山市・明治安田生命保険相互会社

〈企画・制作・運営〉㈱塚原緑地研究所/千葉大学デザイン文化計画研究室/館山市立博物館/甲冑里見サークル/千葉県立安房高等学校書道部    

〈お問合せ〉  城山公園管理事務所 

        ☎0470-22-8854 

          ✉tsp-info@tsukahara-li.co.jp

館山城を救え!大好評により第一章復活開催!

館山城を救え!第一章復活開催中

小学校高学年から大人まで楽しめる謎解きに、ぜひご参加ください。

〈販売場所〉館山市立博物館

〈料 金〉 300円 ※別途入館料がかかります。

〈販売時間〉9:00~15:30(館山城最終入館16:30)

〈開催場所〉城山公園内

〈お問合せ〉【TEL】 0470-22-8854

      【mail】tsp-info@tsukahara-li.co.jp

詳細はこちら  http://tateyama-project.com/season1

 

館山城/展示物紹介

城山公園山頂にある三層四階天守閣形式の館山城(八犬伝博物館)【昭和57年10月31日開館】では、里見氏を題材にした『南総里見八犬伝』に関する各種資料の展示と、現在にまで続く八犬伝の人気を紹介しています。

館山城(八犬伝博物館)展示室
江戸時代の戯作者(文豪)曲亭馬琴が著した大作『南総里見八犬伝』の版本や、八犬伝の登場人物や名場面を描いた錦絵、庶民の娯楽のなかに入り込んで親しまれた各種資料を展示し、夢とロマンあふれる八犬伝の世界を紹介しています。

八犬伝博物館 施設案内

八犬伝の登場人物

江戸時代、曲亭馬琴により著された「南総里見八犬伝」は日本最大級の長編歴史小説です。
安房の舞台を物語の発端とし、八人の青年が正義のために命をかけます。
その構想の雄大さかつ緻密さは、時代を超えて我々を魅了しています。

南総里見八犬伝の魅力

当時の資料に加え、物語のシーンを再現した「芳流閣屋根上の場」ジオラマなども展示し、人々を魅了する八犬伝の世界をご紹介いたします。
当時、他の読本には無かった画期的なデザインの装丁も見どころです。
南総里見八犬伝は大ブームになり、人気は原作だけにとどまらず、二次創作物や錦絵などの関連商品も多く作られました。
そのため、様々な分野の資料が残っております。

現代まで愛される南総里見八犬伝

歌舞伎、映画、テレビ、漫画等、南総里見八犬伝を題材とした作品やその資料を展示しています。
昭和48年~49年にNHKで放映されていた人形劇「新八犬伝」も館内で上映しており、劇に実際使用された貴重な人形(辻村ジュサブロー氏作)も3体展示しております。

お土産コーナー

1Fお土産売り場にて館山や南房総にちなんだ様々な商品を販売しております。八犬伝関連グッズや展示図録などもあり、館山城登城記念の御城印も大人気です。