施設のご案内 Facility Guide

 

城山公園

城山公園は館山市街の南側丘陵に位置し、この地にはかつて戦国時代の武将、里見氏の居城がありました。公園内は、椿・梅・桜・ツツジ等の花木が小径をうずめ、季節に合わせて見事に咲き誇ります。
山頂には天守からの眺めが楽しめる三層四階天守閣様式の館山城(八犬伝博物館)、中腹の館山市立博物館本館と併せて歴史の散策が楽しめます。

城山公園

また、頂上付近には万葉集にも詠まれた植物を小径に集めた万葉の径や、桜・楓・松・梅などを配植し、白砂利の枯山水、小流などを設けた日本庭園と茶室があり、茶会等に利用することができます。

城山公園

城山公園ガイドマップ

城山公園ガイドマップ
  1. 駐車場
  2. 芝生広場
  3. 彫刻の径
  4. 館山市立博物館
  5. つばきの径
  6. つつじ園
  7. 恋人の聖地(展望エリア)
  8. 山頂広場
  9. 館山城(八犬伝博物館)
  10. バーベキュー場(孔雀園)
  11. 茶室「雁月庵」
  12. 万葉の径
  13. 梅園
  14. 八遺臣の墓

山頂広場

標高65.8mの山頂からは、鏡ケ浦の別名を持つ館山湾と館山の市街地の眺めが楽しめます。

館山湾と市街地
館山湾と市街地
浅間神社
浅間神社
山頂から眺める館山湾花火大会
山頂から眺める館山湾花火大会

芝生広場

芝生広場
芝生広場
開花場所:ふもと付近・中腹・山頂

城山公園の入り口に位置する芝生広場は市民の憩いの場として、レクリエーション、様々なイベントの会場として多目的に利用されています。

児童遊園

児童遊園
児童遊園

梅園/八遺臣の墓

梅園/八遺臣の墓
開花時期:1月上旬~3月上旬
開花場所:万葉の径 梅園

梅園内には、八重寒紅・白加賀・緋梅・玉牡丹・武蔵野などの種類の梅が約150本あり、12月下旬から3月頃まで咲き競います。(公園全体では約200本の梅があります。)
八遺臣の墓は、元和8年(1622)に倉吉(鳥取県)郊外で没した里見忠義に殉死した8人の家臣の遺骨を分骨し、供養したとの伝承があります。

つつじ園

つつじ園
開花時期:4月中旬~4月下旬
開花場所:館山城つつじ園 城山公園入口

頂上西側斜面を中心に、赤、白、ピンクのオオムラサキ・ヒラドツツジ・クルメツツジなど約6000本が植えられています。

日本庭園

日本庭園

伝統的な作庭技術により、白砂利の枯山水・小流れ・築山・灯籠・楓・黒松・梅などを配した風趣豊かな日本庭園です。

彫刻の径

彫刻の径

博物館本館に通じる小径に、10点の現代彫刻を設置してあります。人物像、抽象作品などが楽しめます。

つばきの径

つばきの径
開花時期:12月下旬~4月下旬
開花場所:つばきの径、万葉の径

頂上へと続く「つばきの径」は、階段沿いに約900本の椿が植栽されています。
舗装のない階段の散策路なので、足元にはご注意ください。

万葉の径

万葉の径

万葉集に詠まれている植物約100種が歌の銘板脇に植えられています。

BBQ場

BBQ場
現在一般の受付はしておりません

ビンゴバーガー

ビンゴバーガー

和牛100%パティのビッグバーガーは、お肉への絶対のこだわりと美味しさを追求しました。
野菜はシェフ自ら選んだ地元野菜を使用し、ローストビーフは有名レストランで特別に焼かせたものを使用しています。

里見茶屋

里見茶屋

「城山公園」の一角にある、観光客や市民の憩いの場「里見茶屋」。南房総館山銘菓の名物「房州里見だんご」は、八犬士にちなんだ8種の餡がたっぷりと盛られています。

無料シャトルカー

無料シャトルカー
運行日:土曜・日曜・祝日
時間:午前10時から午後3時まで(随時)
運行区間:城山公園の麓から山頂下の茶室駐車場まで
利用料金:無料

 

城山公園のお猿さんにみんなも会いに来てね!